キンモクセイ(金木犀):赤花キンモクセイ「フレグランスレッド」

キンモクセイ(金木犀):赤花キンモクセイ「フレグランスレッド」

キンモクセイ 9月上旬~

商品説明

フレグランスレッドは、赤みを帯びたオレンジ色の花を咲かせる最新種です。

■キンモクセイの基本情報■

ギンモクセイの変種で、中国原産の常緑広葉小高木です。
雌雄異株で、日本には雄株だけ渡来しているので結実はしません。
日本各地で庭木、公園などに植栽されています。

花は、9~10月頃、葉の脇に橙黄色の小花を多数束生して、強い芳香がします。

三大香木のひとつで、秋の香りの代表種です。
三大香木…春:チンチョウゲ/ジンチョウゲ(沈丁花)、夏:クチナシ(梔子)、秋:キンモクセイ(金木犀)

類似種には、ギンモクセイがあり、中国原産で花色は白色、芳香はキンモクセイよりやや劣ります。
ウスギモクセイは、中国、九州の一部で自生があり、花は白黄色、翌年5月頃に楕円形果実が
暗青色に熟します。
ヒイラギモクセイは、ヒイラギとモクセイの雑種とされ、花は白色、葉縁にとげ状の
粗い鋸歯があります。

 

栽培方法

【特徴】
日当たりが良く、摘湿のある肥沃地で良く育ちます。
8~9月頃の乾燥、関東地方など太平洋側では1~2月頃の乾いた風を嫌うので注意します。
生長はやや遅く、刈り込みに耐えますが、大気汚染に弱く花がつかなくなります。

【植え付け】
晩秋~5月頃が適しています。
植え穴には、堆肥、鶏糞、油粕などを十分混ぜて植えます。

【剪定】
自然状態でも円柱状になりますが、刈り込みは花の終わった直後か3~4月頃が向きます。

【肥料】
花つきが悪い場合は、栄養過多か栄養不足が多いです。
栄養過多で生育の良すぎる木は、4月上旬に、根元の直径5~6倍に円形に断根して
生長を押さえて、リン酸、カリ肥料を施肥して枝を充実させませす。
また、生育の悪い場合には、幹の回りにみぞを掘り、堆肥、鶏糞、油粕、化成肥料などを
施肥して樹勢を回復させます。

【殖やし方】
殖やし方は、挿し木で殖やすが、暖地では6月中旬、関東地方では7月上旬頃が適す。
本年枝を約15センチ切り、葉を2~3枚つけて、2~3時間水に浸して十分水揚げして、赤土に刺して
根を乾かさないように冠水して、日陰にして保護する。

【病害虫】
通風の悪い場所では、カイガラムシ、ハダニが出るので、冬季にスミチオン乳剤、
機械油乳剤を散布します。

 

用途

庭木、生垣のほか、植木でも楽しめます。

主は観賞用ですが、原産国の中国では花を白ワインに漬けた桂花陳酒や、
中国茶の桂花茶、シロップ漬けにした桂花糖などがあります。
また、香水や芳香剤、精油の原料としても利用されています。

 

商品情報

販売時期 9月上旬~
発送日目安 約1週間後
カテゴリー ガーデン(観賞)用 / 花木 / キンモクセイ
苗の詳細 樹高:約20cm~
ケース販売について 3.5号(10.5cmポット)×24本セットです。

1個口になります。他の苗との同梱はできません。
(別途送料が必要になります)
ご注意 【輸送箱について】
商品を安全にお届けするため、専用の輸送箱(有料)を使用しております。
箱代については、250円(+税)がかかりますのでご了承ください。
*商品代金5,000円以上(税抜)のお買い上げ、またはケース販売でご購入の場合は輸送箱代は無料となります。

【商品在庫について】
植物という商品の特性上、苗の状態によって在庫が流動的になることがあります。
ご注文いただいた商品が欠品となる場合もありますので、予めご了承ください。

【掲載写真・商品状態について】
写真は成長過程(開花時、結実時など)のイメージで、お届け時の状態は苗や苗木になります。
植物ですので時季や入荷状況によっては生育程度、サイズ、色など状態が異なる場合があります。
商品によっては、一部剪定を行って発送することもありますのでご了承ください。
記載されている樹高については、土から出ている高さになります。

ラインナップ

商品名:キンモクセイ(金木犀):赤花キンモクセイ「フレグランスレッド」苗 3.5号(10.5cm)ポット
(商品番号:01-0023-01)
販売価格(税別):¥710
数量: 入荷予定
商品名:キンモクセイ(金木犀):赤花キンモクセイ「フレグランスレッド」苗ケース販売(3.5号ポット×24)
(商品番号:01-0023-02)
販売価格(税別):¥15,320
数量: 入荷予定

Checked item/最近チェックした商品