ラッキョウ(辣韭):群馬産ラッキョウ【球根】 

ラッキョウ(辣韭):群馬産ラッキョウ【球根】 

ラッキョウ 7月下旬~

ラインナップ

商品名:ラッキョウ(辣韭)【球根】 130g 
(商品番号:04-0511-01)
販売価格(税別):¥460
在庫なし

商品説明

ラッキョウ(辣韭)は、中国原産とされるネギ属の多年草です。
主にふくらんだ鱗茎(りんけい)を食用します。

ラッキョウの鱗茎は長卵形で白色、葉は線形で質は柔らかく秋から冬にだけあり、夏には枯れます。
秋に鱗茎から花茎を出し、先端に紫色の小花を散形花序につけます。
夏から秋に鱗茎を植えつけると、翌年春に葉が出て新しい鱗茎が増えます。
この鱗茎が、ラッキョウです。

「ラッキョウの甘酢漬け」は、カレーライスの付け合せとしてお馴染みです。
特有の強い匂いと辛味を持ち、この香りはニンニクやニラと同じ硫化アリルという成分です。

ラッキョウを軟白栽培して、若採りしたものを、「エシャレット」といい、
ラッキョウより香りやクセが強くなく、生食できます。
 

 

「エシャレット」と「エシャロット」

 
名前が似ているため混同されますが、本来の「エシャロット」は小型たまねぎの一種で、
フランス料理など西洋料理の香味野菜として使われ、まったく別物です。
鱗茎の皮の色はタマネギと似ていて薄茶色で、タマネギよりやや小さく、細長い形です。


↑本来の「エシャロット」
フランス名でエシャロット(Échalote)、英名でシャロット(shallot)

 

栽培方法

【環境】
水はけさえ良ければ、土質は特に選びません。
日陰や乾燥した土地でも簡単に栽培できます。

【植え付け】
植付け時期は7月中旬~10月頃です。
市販の花や野菜用の土を使用すると簡単です。
ラッキョウの鱗片をばらし、芽の出る方を上にして5〜15cm間隔に深さ5cm程度で植え付けます。
植え付け後、水をたっぷり与えます。

【肥料】
基本的に肥料はなくても育ちますが、葉色が薄いようなら追肥をします。
植付け1ヵ月後と、2月頃に化成肥料を与え、同時に土をその上にかけて土寄せします。
ラッキョウの根元が土から出ていると、緑色に変色して品質が低下するため、
光が当たらないように土寄せをして育てます。

【収穫】
翌年6月頃に葉が完全に枯れる前に収穫します。
ラッキョウは1年掘りと2年掘りがあります。
1年掘りは大粒のものが収穫できます。
さらに1年待って2回冬越しさせて収穫する2年掘りでは、小粒の良質のものがたくさん収穫できます。
年数を置く程、粒が小さくなり数が増えます。

収穫後は、芽が伸びてきたり緑色に変色するため、早めに処理します。

また、掘り上げたラッキョウは、乾燥保存すれば種球になります。

 

用途

地植えは勿論、プランター栽培も可能で家庭菜園にも向きます。
収穫したラッキョウは、生のまま天ぷらにしたり、刻んで炒め物にしたり
塩漬け、甘酢漬け、醤油漬けにして利用されます。

商品情報

販売時期 7月下旬~
発送日目安 商品入荷後
カテゴリー 食用 / 和ハーブ / 野菜・その他の球根 / 野菜・野菜の球根 / ラッキョウ
球根の詳細 群馬産 
ラッキョウ(辣韭)【球根】 約130g入り
ご注意 【商品在庫について】
植物という商品の特性上、苗の状態によって在庫が流動的になることがあります。
ご注文いただいた商品が欠品となる場合もありますので、予めご了承ください。

【掲載写真・商品状態について】
写真は成長過程(開花時、結実時など)のイメージで、お届け時の状態は苗や苗木になります。(特別な記載がある場合は除きます。)
植物ですので季節や入荷状況によっては生育程度、サイズ、色など状態が異なる場合があります。
宿根草や落葉樹など、秋~冬は地上部がないものや、枯れたように見える商品もあります。
商品によっては、一部剪定を行って発送することもありますのでご了承ください。
記載されている樹高については、土から出ている高さとなります。季節によっては、記載の樹高より成長している場合もあります。

【球根について】
写真は成長過程(開花時など)のイメージで、お届け時の状態は球根になります。
植物ですので、天候や生育状況によっては納期の遅れ、収穫の減少・納品不能等が発生する場合があります。予めご了承ください。
商品は到着後、直ちに開封し、植え付けまで直射日光の当たらない風通しの良い涼しい場所で保管してください。

Checked item/最近チェックした商品