クチナシ(梔子):一重実成りクチナシ

クチナシ(梔子):一重実成りクチナシ

クチナシ 4月~

商品説明

クチナシは、日本の本州(静岡以西)から九州、台湾、中国など広い地域に生息する常緑低木です。

三大香木のひとつで、夏の香りの代表種です。
三大香木…春:チンチョウゲ/ジンチョウゲ(沈丁花)、夏:クチナシ(梔子)、秋:キンモクセイ(金木犀)

6~8月に真っ白なビロードのような質感の美しい花を咲かせます。
葉は光沢のある緑色で、花とのコントラストも大変美しいです。
また、花は甘味があって生食できます。また、煮ると粘りが出て独特の食感を楽しめます。

秋には赤黄色の果実をつけます。
クチナシの果実の黄色い色素は、カロチノイド系色素のクロシンによるもので、
古くは飛鳥時代から布地の染色に、また無害な天然着色料として、たくあんやお正月の栗きんとんなど
食品にも利用されてきました。

※果実ができるのは一重の花だけで、八重咲きの品種には実がつきません。

クチナシは「朽ち無し」=朽ちることがないという意味で、縁起が良いとして庭に植栽されます。
また、クチナシの果実を乾燥したものを、生薬で山梔子(サンシシ)または梔子(シシ)といいます。

 

栽培方法

【環境】
暖地性で寒さにあまり強くないですが東北地方南部までは植栽できます。
日陰でも育ちますが、花つきをよくするには日当たりのよい場所がよいです。
湿り気のある腐植質の多い土質を好み、夏に乾燥する場所は避けます。

【植え付け】
適期は3~4月です。
堆肥や腐葉土を多めにして植え付けます。

鉢植えの場合は、赤玉土に2~3割の腐葉土を混ぜて植えます。

【剪定】
自然に樹形が整いますが、必要な場合は花の直後に行います。
開花後に伸びた枝の先端に花芽ができるので、強い刈り込みや剪定は控えます。

【肥料】
2月と8月に1回ずつ追肥を与えます。
夏後に追肥すると枝だけが成長し、花芽ができないので気を付けます。

【病害虫】
花時期のナメクジに注意します。
オオスカシバの幼虫が葉を食害するので、見つけ次第
6~9月はオオスカシバの幼虫がついて葉を食害するので、捕殺するかスミチオン乳剤を散布します。

【殖やし方】
挿し木で行います。
6月~7月が適期で、新しい枝を15cm位にカットして水を十分に吸わせた後、
水を含ませた赤玉土のさし床を用います。

 

用途

庭木、生垣のほか、鉢植え、盆栽にも向きます。

上品な芳香のある花は甘味があって生食でき、サラダに加えたり、茹でて酢の物や煮物にします。
また、花を乾燥させて花茶にも用いられます。
果実は、料理の色付けなどに利用できます。

 

商品情報

販売時期 4月~
発送日目安 約1週間後
カテゴリー 食用 / 野菜・山菜・その他 / その他 / クチナシ / 和ハーブ
ご注意 【輸送箱について】
商品を安全にお届けするため、専用の輸送箱(有料)を使用しております。
箱代については、250円(+税)がかかりますのでご了承ください。
*商品代金5,000円以上(税抜)のお買い上げ、またはケース販売でご購入の場合は輸送箱代は無料となります。

【商品在庫について】
植物という商品の特性上、苗の状態によって在庫が流動的になることがあります。
ご注文いただいた商品が欠品となる場合もありますので、予めご了承ください。

【掲載写真・商品状態について】
写真は成長過程(開花時、結実時など)のイメージで、お届け時の状態は苗や苗木になります。
植物ですので時季や入荷状況によっては生育程度、サイズ、色など状態が異なる場合があります。
商品によっては、一部剪定を行って発送することもありますのでご了承ください。
記載されている樹高については、土から出ている高さになります。

ラインナップ

商品名:クチナシ:一重実成りクチナシ3.5号(10.5cm)ポッ
(商品番号:03-0015-01)
販売価格(税別):¥600
数量:

Checked item/最近チェックした商品