レンギョウ(連翹):ヤマトレンギョウ

レンギョウ(連翹):ヤマトレンギョウ

レンギョウ 9月中旬~

商品説明

ヤマトレンギョウは、岡山県内の石灰岩地に野生する日本固有種です。
葉に先立って花を咲かせます。葉の裏に毛があるのが特徴です。
他のレンギョウに比べ開花時期が4-5月と遅く咲き、花付きはよくありません。

 

■レンギョウ(連翹)の基本情報■

別名:レンギョウウツギ  英名:ゴールデンベル
  
レンギョウは、雌雄異株の落葉性低木です。
中国原産で、日本にはかなり古くに観賞用に持ち込まれました。
現在では、全国各地で植栽されていて、春を代表する樹木のひとつです。

枝は淡い黄褐色、繁殖力が旺盛で、枝の先は垂れて地面につくと根を出し活着して、
やがて独立した木になりよく繁ります。

果実を採取し、一度蒸気を通してから天日で乾燥させたものを
生薬で連翹(れんぎょう)といいます。

レンギョウ、シナレンギョウ、チョウセンレンギョウの特徴

レンギョウ…花は葉の展開前につき、枝を折ると中空、葉が卵形です。
 
シナレンギョウ…花と同時に葉が展開、花は下向き、枝は下部から分岐して直立、
        葉は細い長楕円形です。

チョウセンレンギョウ…枝が弓なりに伸び、花は葉の展開前につき、葉は楕円形です。

 

栽培方法

【環境】
日当たりの良い、やや湿り気のある肥沃な用土を好みます。
耐寒性、耐暑性も強く日本全国で栽培可能なたいへん丈夫な植物です。

【肥料】
あまり必要ありませんので、1月~2月に一回施す程度でOKです。

【剪定】
花後に行い、古い株や弱い株は根元から切り落とします。
年月を経ると樹全体の勢いが弱まり花付きが悪くなることがあります。
5年に一度くらいすべての株を3分の1残して切り詰めると良いでしょう。

 

用途

耐寒性、耐暑性も強く丈夫な植物なので、庭木、垣根、公園などに用いられます。

新潟県の紫雲寺地区では、特産品としてレンギョウの葉を使用した
レンギョウ茶が作られています。

 

商品情報

販売時期 9月中旬~
発送日目安 約1週間後
カテゴリー ガーデン(観賞)用 / 花木 / レンギョウ / 和ハーブ
苗の詳細 樹高:約0.4m~
ご注意 【輸送箱について】
商品を安全にお届けするため、専用の輸送箱(有料)を使用しております。
箱代については、250円(+税)がかかりますのでご了承ください。
*商品代金5,000円以上(税抜)のお買い上げ、またはケース販売でご購入の場合は輸送箱代は無料となります。

【商品在庫について】
植物という商品の特性上、苗の状態によって在庫が流動的になることがあります。
ご注文いただいた商品が欠品となる場合もありますので、予めご了承ください。

【掲載写真・商品状態について】
写真は成長過程(開花時、結実時など)のイメージで、お届け時の状態は苗や苗木になります。
植物ですので時季や入荷状況によっては生育程度、サイズ、色など状態が異なる場合があります。
商品によっては、一部剪定を行って発送することもありますのでご了承ください。
記載されている樹高については、土から出ている高さになります。

ラインナップ

商品名:レンギョウ(連翹):ヤマトレンギョウ苗 5号(15cm)ポット
(商品番号:01-0113-01)
販売価格(税別):¥1,230
数量: 入荷予定

Checked item/最近チェックした商品